脇が臭い 対策 女

女性の脇が臭い対策にデオシークがおすすめ!

夏は体臭が気になる方にとっては嫌な季節です。大量の汗をかき、気になる脇汗と脇の臭い。私も夏になると毎年脇の臭いが気になっています。

 

しかし、友人に勧められたデオドラント商品「デオシーク」が私に出会ってから体臭が気にならなくなりました。

 

 脇の臭い対策にデオシーク

 

現在、夏のデオドラントキャンペーン中で2017年6月1日から2017年8月31日まで、クリームを含む商品がすべて特別価格からさらに1,000円OFFになっており通常より安く購入できます。

 

デオシーク

 

デオシークは従来のデオドラント商品と違い、臭いを抑えるクリームだけではなく、ボディーソープ、サプリの3点で体臭を体の外側からも内側からも予防します。

 

デオシークは全身の臭い対策になるので、脇やデリケートゾーン、足の臭いまでデオシークのみで解決できます。なので、女性の脇が臭い対策にもってこいの商品です。

 

今のところデオシークの販売店は公式サイトのみでアマゾンや楽天市場では販売されていません。

脇が臭い原因

脇が臭いのはアポクリン汗腺が原因だと言われています。脇の下には、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺と三つの分泌腺が存在しています。そのうちのエクリン汗腺から出る汗はサラっとしているのですが、そこに皮脂腺からの皮脂を取りこんでしまうと、汗臭さの原因になるみたいです。

 

しかし、汗臭さと脇が臭いは違うものです。脇が臭いはアポクリン汗腺からの汗の分泌が主な原因だと考えられています。アポクリン汗腺には、脇の下、耳の下、乳首の周囲、性器の周辺などに集中しているという特徴があります。脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、アンモニアなどで構成される汗がアポクリン汗腺から分泌されており、エクリン汗腺からの汗との違いは、サラっとしているエクリン汗と比べて粘性があるのがアポクリン汗です。

 

ただし、アポクリン汗だけが脇が臭い特有の臭いの原因ではありません。皮膚の常在菌の分解や、皮脂腺からの皮脂分泌量が増えることにより細菌が増殖したりするなど、色々なことが重なって起こることによって、強い脇が臭いニオイが発生してしまうのです。ですから、脇の下の細菌の繁殖を防ぐことで、脇が臭いニオイを軽減することができるでしょう。
またワキガは自分で気づかないことが多く、周りの人は気になっている場合が多いのです。ただ、ワキガは病気ではないので、絶対に直さなければならないわけではありません。しかし、一度気になりだすと何とかしたいと思います。

 

ワキガ対策はいろいろとありますが、まずは原因を知ることから始めなければなりません。調べてみると、アクポリン汗腺から出る汗のにおいが強いと言われています。対策は常に汗を拭いておくことです。化粧品などで汗が出ないようにすることもいいのですが、全く汗をかかない状態を作るのは難しいでしょう。汗をかくことを前提として対策を考える方が現実的です。

 

汗はアクポリン汗腺だけではなくエクリン汗腺からも出ます。エクリン汗腺からの汗はワキガの原因にはなりません。運動などをした時に出る汗で、体温調節の役割を担っています。臭いの元になる成分はほとんど含まれていないからです。基本的に汗の成分は体内にあるのですから、脂っこい体質にならないようにしておけば、普段の生活で悩むことも少なくなるでしょう。またデオドラント商品などで脇が臭い対策すればいいと思います。

デオドラント商品で行う脇の臭いの対策

脇の臭いについての悩みには、男女ともデオドラント用品を使って対処することが一般的になり始めています。脇専用のデオドラントのアイテムも充実しているため、気軽に脇の臭いを軽減させることが期待できるのではないかと思います。男女を問わず、脇の臭いに関する悩みを持つ人は多いとされているものの、市販されるアイテムを使いつつ臭いに対処する動向は本格的に見受けられてきていると言えるのではないでしょうか。最もポピュラーなデオドラント用品としては、ウェットシートが挙げられています。脇を殺菌し、臭いのもととなる菌が繁殖しない状態を作ることが期待できます。ウェットシートで適宜脇を拭くようにすることで、臭いが気にならなくなることが多くの人に見込まれると考えられています。最近は本格的な消臭効果のある成分の染み込んだウェットシートも販売されています。そのため、より効果的に脇の臭いに対処できる可能性が向上しているのではないでしょうか。最近ではデオシーク(厚生労働省認可の医薬部外品)というクリーム、ボディーソープ、サプリの3つのアイテムで体臭を徹底ケアするデオドラント商品も販売されています。

 

また食事を変えることにより、ワキガは改善されると言われています。肉類を食べ過ぎると、肉の中に含まれている脂肪の成分がワキガの原因になるからです。脂肪はワキガのニオイの原因である汗腺を刺激してしまうので、ワキガのニオイをより強くしてしまうということが起こります。

 

肉類の他にも、チーズやバターといった乳製品なども、さらにワキガを強くしてしまうと言われているのです。それに、香辛料や揚げ物などの油物もよくない食品です。肉類、乳製品、油物、香辛料などの量を控えて、ビタミンAやビタミンEなどのワキガを抑えると言われている栄養素が含まれている食品を摂るように心がけるといいと思います。ビタミンAを多く含む食品は緑黄色野菜、ビタミンEを多く含む食品はゴマなどが代表的です。

 

あまり意識し過ぎて栄養素が偏らないように、栄養バランスを考えて献立を工夫して下さいね。もちろん、食事を変えたからといって、すぐにワキガがましになるわけではありません。でも、少しでもニオイを抑えるためには、食生活などの生活改善を地道に続ける必要があります。